肌タイプに合わせて基礎化粧品を選ぶのが大事です

自分に合った基礎化粧品を選ぶ

お肌のお手入れをするために、肌に合う無添加の化粧品を見つけ出したいものです。近年では、オーガニックや、ナチュラルといったキーワードがよく使われています。安全で体に優しい無添加基礎化粧品を選ぶ消費者が年々増加しています。

消費者の求める背景要因として、大手化粧品メーカーが基礎化粧品を回収した事件があります。この時に販売された化粧品で被害を受けた人は非常に多く、寄せられた相談件数はより多いため、潜在的な被害者は数万人単位だろうと言われています。

基礎化粧品に含まれるロドデノールという美白成分が元になり、一度白斑を引き起こすと完全治癒は難しいです。基礎化粧品に含まれ、白斑をつくる可能性が高い成分としては、ロドテノール以外にも、ハイドロキノンモノベンジルエーテルやハイドロキノンがあります。

とはいえ、適切な量を使っていればリスクはごくわずかですし、美白の効果が高いことから、特に規制対象になっていない成分です。

成分無添加を大々的に謳っている商品であっても、全てが無添加基礎化粧品というわけではないのです。指定された成分が含まれていない化粧品を無添加といいますが、どこまでを無添加というかの線引きはとても微妙です。

添加物として指定されているような殺菌剤、防腐剤、タール系色素は含まれていないことは大事かもしれませんが、それらの成分を除外したからといって必ずしも安全とはいえないのです。

基礎化粧品は体のうちで最もデリケートな部位に使うものなので、無添加対象である成分を自身の目で確認した上で、購入する商品を選択するようにしましょう。

   

 - アンチエイジング

アヤナストライアルセットお試しはこちら(ovl)