紫外線の違いによる肌の日焼けの影響

日焼けの原因になる紫外線について

長時間、UVをあびていると日に焼ける事は、大抵の人が知ってますね。日に焼けちゃう元である太陽光は、いったいどういうものなんでしょう。

太陽光というのは、太陽光線の一種で、波長によりA波紫外線・B波・C波紫外線と3つにわけることが出来ます。硝子みたいな透き通った物体では、紫外線光a波自体を遮断することは困難で、肌へ達するのです。ガラス窓越しに太陽光をあびていた時や、自動車で外出をおこなう時でも、UVa波は通るのでサンタンしてしまうのです。

いっぽうで、紫外線光b波というのはオゾン層で遮断されてしまうので、雲の多い日や、雨が降っている日衰退します。天気により照射量が変わっているUVの量というのは、此のUVb波なのです。

紫外線c波が日に焼けてしまう事に関係はないのです。それは、太陽光C波は雲を出られないためなんです。

A波というのは、硝子を通過する事が可能なので、お肌の深部にある真皮に通りますが、有毒性でいうならB波程じゃないといわれているのです。

肌の日焼けのことを考えたら、室内でUVをあびてしまうので、常時対策と実行する必要のある紫外線なんです。皮ふの色が黒くなることだけが、色焼けの効果ではじゃないのです。しみやくすみが増えてしまうし、たるみや肌の老化要因にもなるものなのです。

UVで色焼けをするというのは、お肌を防ぐのにメラニンを増加する、いわば防衛策です。黒く焼けてしまった元気なイメージを人にあたえるのですが、肌年齢の観点で考えると肌にとって良い事とは言えないので、日焼けの対処法がたいせつなのです。

      2016/11/18

 - スキンケア

アヤナストライアルセットお試しはこちら(ovl)